上藤沢キリン歯科クリニック|埼玉県入間市の歯医者

ご予約・お問い合わせはこちら 04-2901-8855

あらゆる世代の方を虫歯からお守りします!

一般・小児歯科

虫歯の進行段階のご説明

C0 脱灰

C0 脱灰

歯の表面のエナメル質が少しだけ溶かされている状態です。 適切なブラッシングやフッ素塗布などで完治させられます。痛みはまったくありません。

C1 エナメル質の虫歯

C1 エナメル質の虫歯

エナメル質に穴が空き始めた状態です。少し歯に黒ずんだ部分が見られます。 虫歯部分を削り詰め物(インレー)などで治療します。この時点ではまだ痛みは感じません。

C2 象牙質の虫歯

C2 象牙質の虫歯

虫歯がエナメル質から象牙質に達した状態です。冷たい物などがしみて軽い痛みを感じます。 この段階も、患部を削って詰め物(クラウン)をすることによって治療します。

C3 神経に達した虫歯

C3 神経に達した虫歯

神経にまで虫歯が達した状態で、激しい痛みを感じます。この段階になると、神経を取る治療が必要となります。神経を取った歯はもろくなっていますので患部を削り、清掃して、薬剤を詰めて、上から被せ物をします。

C4 歯根まで達した虫歯

C4 歯根まで達した虫歯

歯根にまで虫歯が達していると神経や歯根の先が腐り始め、最悪の場合抜歯が必要となります。 この場合、こうなると入れ歯など、「歯を抜いた後の治療」が必要になってしまいます。

お子様の歯を守りましょう

お子様の歯を守りましょう

お子様の歯は乳歯のころから永久歯に生え代わるまで常に気をつけてケアしてあげなければなりません。
乳歯の虫歯を「生え代わるから放っておいても大丈夫」などと考えるのはやめましょう。 乳歯の虫歯は、次に生えてくる永久歯や、顎の骨の成長に大変な悪影響を与えます。

お子様の乳歯が生え始めた虫歯には常に気をつけてあげてください。そして子どもの頃に虫歯にかかりにくい歯を作り、 歯磨きの習慣を身につけさせてあげれば、生涯にわたって歯の健康を保つことにもつながるでしょう。

ご両親に気をつけていただきたいポイント

  • ご両親もお子様の治療内容に理解を持ちましょう!
  • 「カッコ良くなるよ」「かわいくなるよ」などと歯の治療に良いイメージを持つ言葉をかけてあげましょう!
  • 治療で痛かった話など、お子様が歯科治療に怖いイメージを抱くような話はしないようにしましょう!
  • 局所麻酔することもありますが、当クリニックでは「注射」という言葉を使わず、「麻酔」「痛くない方法」といっていますので、ご協力お願いします!
  • 治療が終わったら「がんばったね。えらかったね。いい子だったね」とほめてあげましょう!
  • 普段から歯磨きの習慣をつけて、定期検診を受けさせてあげてください!

当クリニックの小児歯科治療

フッ素塗布
フッ素という物質には歯質を強くする働きと歯のエナメル質を再石灰化させる働きがあります。 これにより軽度の虫歯を治すことができるばかりか、虫歯に対して強い歯を作ります。 定期的に当クリニックでフッ素塗布を受けることで、虫歯になりにくい歯にします。
シーラント
6歳ごろになると奥歯に6歳臼歯という歯が生えてきます。この6歳臼歯には物を磨り潰すための複雑な溝があり、 食べカスなどがとても溜まりやすく、特に虫歯になることの多い歯です。 シーラントはこの溝を樹脂で覆うことによって、歯がしっかりと成長するまで虫歯から守る予防方法なのです。
シーラント